本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

アトピー肌のためのスキンケア・洗顔編

アトピー肌にこそ洗顔は重要。「デリケートな肌には負担が大きそう…」そんな不安を取り除く、アトピーの方に適した洗顔の方法をご紹介します。

アトピー肌の方のクレンジングと洗顔の注意点

クレンジングのポイント

皮膚についた汚れや参加した皮脂は、アトピー悪化の原因になります。肌を優しくいたわりながら、汚れはしっかりと落としましょう。敏感なお肌のクレンジングの際に注意するポイントをご紹介します。

  1. オイルやクリームを使う時はたっぷりと手に取り、手の平で温めてから肌に乗せます。クレンジング剤の量が十分でないと、手の滑りが悪くこすってしまうようになり、お肌を傷つける原因になってしまいます。また、冷たいオイルやクリームは肌へのなじみが悪く、メイクが落ちにくいために、つい落とそうとこすってしまうことも。
    目元の皮膚は他の部分よりも薄くて傷つきやすいため、特に注意が必要です。マスカラはお湯で落とせるものを選ぶなど、落としやすいものを選ぶといいでしょう。
  2. クレンジング剤をお肌に乗せて落とすまでの目安は1分程です。温めたクレンジング剤を指先でクルクルと優しくなじませて、人肌より少しぬるめくらいのお湯で落としましょう。熱すぎるお湯は刺激になりますし、冷たい水は油汚れを落としきれません。

洗い流す前にティッシュやコットンでオフする場合には、優しく上から抑える押さえるだけで、拭き取らないように注意しましょう。

洗顔のポイント

  1. 洗顔料は、泡立てネットなどを使ってしっかり泡立てましょう。指で押してもつぶれないくらいの「ふわふわもっちり泡」が理想です。
  2. Tゾーンから洗い始め、顔の上に泡をそっと乗せて全体に広げていきます。このとき、肌に指が触れないよう、泡を転がしていくように洗います。きちんと泡が作れていると、キメ細かい泡が毛穴の奥まで入り込んで汚れを浮かせてくれるので、手でこすったりしなくても大丈夫です。
  3. 洗顔料もクレンジング剤と同様に、皮膚にいいものではありません。顔に泡を乗せている時間は1分以内が理想です。泡を乗せて時間を置いたりはしないようにしましょう。
  4. ぬるま湯でしっかりとすすぎ、柔らかいタオルでこすらず抑えるように水滴をふき取ります。

オイルやクリームを使ってクレンジングをした場合、洗顔してもぬるつきが残っているように感じる場合がありますが、二度洗いはしないでください。

朝洗顔は実は重要

「夜にメイクは落としているから、朝の洗顔は不要」と言われることもありますが、寝ている間にも皮脂は分泌されます。この皮脂を取ると乾燥してしまうから朝洗顔はしない、というのは実は間違い。

保湿に最も重要なのは、皮脂ではなく角質層の細胞間脂質(セラミド)。なので、余分な皮脂はきちんと落とさないと、化粧水や美容液でセラミドに水分を補給することができなくなってしまうのです。

確かに過度な洗顔で皮脂を取りすぎてしまうのは乾燥の元になってしまうのでNGですが、古い皮脂や汚れが肌に残ったままだと、肌には悪いことばかり。毛穴にたまって雑菌が繁殖して炎症の原因になるだけでなく、ターンオーバーが乱れてアトピーが悪化してしまうこともありますから、朝もしっかり洗顔する習慣をつけましょう。

洗顔に適した水

洗顔には軟水がよいとされています。これは敏感肌の方もそうでない方も共通ですが、硬水に含まれるミネラルが肌の大きな負担になるからです。アトピー肌の方は、特にそういった刺激には敏感です。

日本のお水は平均して軟水です。温泉水などは硬度の高い地域もありますが、一般的な水道水の硬度は軟水の区分に入ります。

ただ、水道水に含まれる塩素は敏感肌には結構な刺激に。水道水が肌にしみる方には、塩素除去がオススメです。ごく少量のビタミンC(レモン汁などでもOK)を混ぜるだけで簡単にできます。

重曹、塩、卵白……変わった洗顔法は大丈夫?

洗顔料以外を使って洗顔する方法も、きちんと気を付けて行えば大丈夫。肌がつるつるになったり高い保湿効果で肌がぷるぷるになったりと、さまざまな肌に良い効果があるとされる洗顔法をご紹介します。

重曹

重曹自体は食品に使われるほど安全性が高く、物質そのものに毒性はありません。泡立てた洗顔料にほんのひとつまみの重曹を溶かすのが一番一般的な重曹洗顔の方法です。重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になり、その洗浄力は高く、ピーリング効果で古い角質が取れて肌がつるつるになります。

しかし研磨作用があるため、やりすぎは肌を痛めてしまう原因に。頻繁な使用もアトピーを悪化させてしまうので、週に1~2回、優しく摩擦をしないように行いましょう。

アトピー性皮膚炎には海水浴が効果的、と昔から言われるように、塩のミネラルはアトピーに有効と言われ、実際に海水浴で改善する方もいます。ただし、アトピーの程度により塩分がヒリヒリとした刺激になってしまう方もおり、誰しも改善に向かうというものではないようです。

塩洗顔の方法について、塩を直接肌に当てるかたもいるようですが、そのまま付けると肌を傷つけてしまうため、塩水で行うのがオススメです。また普通の食塩でも大丈夫ですが、ミネラルが豊富な天然塩だとなお良いようです。

卵白

新鮮な卵の卵白のみを取り、それを肌に乗せて優しくマッサージする洗顔法です。卵白には界面活性作用があるため、汚れをしっかり落としてうるおいは残してくれる、乾燥肌の方にはオススメの洗顔方法です。

しかし、卵アレルギーの方は行えない洗顔法であり、アトピーの方にはアレルギーを持っている方が多いので注意が必要です。そのため、最初に必ずパッチテストを行うことをおすすめします。

洗顔料は使うべき? 使うのならどんなタイプのもの?

クレンジング剤や洗顔料には界面活性剤が含まれるため、洗顔料を使うと必要なうるおいまで落としてしまいます。

だからと言って洗顔料を使わない洗顔法がいいかというと、そうとも言い切れません。夜に分泌される皮脂は酸化しており、水やぬるま湯だけでは落ちにくいものですし、アトピーを悪化させる原因である黄色ブドウ球菌を殺菌するには洗顔料の洗浄力が必要です。

汚れを落としてアトピーの改善に不可欠な清潔さを保つためには、洗顔料は必要であるといえます。

ではどんなものを選べばいいの?

クレンジング剤は界面活性剤が含まれていないもので、水で洗い流せるタイプならば低刺激のものを選びましょう。使用するときにはたっぷり使って、肌の上をこすらず滑らせるようにマッサージし、摩擦によるダメージを避けます。

洗顔料も同様に、界面活性剤不使用で低刺激・敏感肌用のものを選び、よく泡立てて優しく洗うようにしましょう。アトピー肌の方でも安心して使用できる完全無添加の洗顔料も発売されています。

 
ページの先頭へ▲