本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

UV対策は万全に

食べるものやケアを変えても、ストレス発散させてもアトピーが良くならない…という方。実はあなたのアトピーが悪化している原因は「紫外線」かもしれません。

無意識に降り注ぐ刺激・紫外線

紫外線には、肌のハリを作るコラーゲンの繊維を傷つけ破壊する性質があり、肌に問題がない人でも日焼けすると肌が赤くなるのはこの影響。アトピー肌の場合は普通の人の何倍も敏感な肌ですから、ちょっと太陽の下に出ただけで炎症が悪化してしまうこともあるのです。

アトピーの人には紫外線は「百害合って一利なし」なんですが、一般的にはビタミンDを活性化させて骨を強くしたり、最近やウイルスなどのDNAを破壊してくれる、良い効果もちゃんとあるんです。これらの恩恵はアトピーがきれいに落ち着いてから受けることにして、まずは刺激を減らす対策をしていきましょう。

肌の露出を減らすのが鉄則

紫外線対策といえば、「露出をしない」「日焼け止めを塗る」のが一般的。アトピー肌だって特別なことはなく、この2つを徹底すればよいのです。

多くの人が日焼けを気にする夏場には重点的に対策するものの、それ以外の季節はおろそかになりがち…ですが、これは大きな間違い!真冬だって曇りや雨の日だって、紫外線はたくさん降り注いでいるんです。外出時には防止や日傘、長袖でなるべく肌の露出を最低限に減らしましょう。

どうしても肌を出すときは、日焼け止めクリームを使ってください。肌に影響がでないか心配になりますが、防腐剤や安定剤が入っていないものであれば大丈夫。敏感肌用やベビー用なら低刺激で作られているので、影響もほとんどないと思います。

日焼け止めに含まれている紫外線防止剤には以下のの2つがあります。

  • 「紫外線吸収剤:紫外線を化学反応で吸収してしまうもの」
  • 「紫外線散乱剤:紫外線を透過させないパウダー成分」

吸収剤だと肌の上で化学反応が起こるため過敏な肌にはあまりオススメできませんので、散乱剤のほうを選ぶようにしましょう。

日焼け止め効果の強さ基準は、SPF20以上、PA++以上が理想的です。長く外にいると汗や皮脂でクリームが流れてしまうので、こまめに日焼け止めを塗りなおすことで、効果をしっかりと継続させるようにしてくださいね。

 
ページの先頭へ▲