本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

アトピーと花粉症

「花粉症の季節になると、いつもよりアトピーの症状もひどくなっているような……」花粉症とアトピー性皮膚炎には、どのような関連性があるのでしょう?

「アトピーの人は花粉症にならない」は本当?

「アトピーの人は花粉症にならない」という噂があるようですが、これはウソです。アレルギー疾患である花粉症をアトピーと併発している方は、アトピー患者全体の約40%弱ほどいます。花粉の季節になるとアトピーが悪化する人はとても多いのだそうです。

花粉症になると、くしゃみ、鼻水や鼻づまり、目のかゆみや涙目など、目と鼻に症状が集中します。

アトピーの方が花粉症にかかった場合、それらの症状に加えて目の周りや鼻の下のアトピー症状が悪化する可能性が高くなります。

また、花粉症を引き金に大人アトピーを発症するケースもありますので、肌にかゆみを感じるようなことがあったら病院で診察してもらってみてください。

アトピーの方の花粉対策

普段アトピーの症状がなくても、花粉の時期だけは肌荒れなどのアトピー症状が出てくる方もいます。そのため、花粉の時期にはより一層のしっかりとした対策が必要です。

外出時にはマスクや眼鏡を着用し、花粉になるべく触れないようにします。最近では防花粉のコートなど、花粉が付着しにくい素材の衣類も販売されています。帰宅後はうがい手洗いをしっかりして、体についた花粉をきちんと洗い流しましょう。

洗濯物や布団は外に干さず室内干しに。もしあれば、布団掃除機をかけるのも効果が高いとされています。

また、換気はハウスダストや化学物質対策に有効ですが、花粉の時期の換気は花粉を家に取り込んでしまうことになるので控えるのが無難です。

花粉症の薬でアトピーが和らぐ?

花粉症の薬を飲んだらアトピーが楽になった、という話を聞くことがありますが、これは花粉症の薬の多くが花粉による炎症で起こるかゆみを抑えるための抗ヒスタミン薬であるからです。

ヒスタミンはもともと体内に存在して集中力や学習能力を高めるなどの大切な役割を果たしています。しかし体内に異物が入ってきた際に大量放出され、異物とくっつき体に排除させようとして反応が起こる、これがアレルギー反応です。その反応を起こらないように抑える薬が抗ヒスタミン剤です。

そのため、同じヒスタミンによるアレルギー反応であるアトピーのかゆみにも効果はあります。

ただし薬によってはステロイドを含むものもあるので、脱ステ中の方は注意が必要です。あくまで花粉症の薬なので、アトピーの治療目的の薬ではないという点にご留意ください。

 

 
ページの先頭へ▲