本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

理想の入浴方法

アトピー肌の方こそ、しっかりとお湯につかる入浴が大切です。しっかり汚れを落とし、リラックスできるバスタイムを。

アトピー肌を清潔に保つために

「石鹸は肌に悪いから使わない」「お湯につかると潤いが逃げてしまうから入らない」これらはアトピー肌には逆効果。

ステロイド剤などの塗り薬は、さっとシャワーを浴びただけでは落ちません。そしてそれらの薬は、清潔でまっさらな肌に塗らないと効果は出ないのです。前に塗った薬の油分が少しでも残っている上から塗っても、その効果はほとんど出ません。効果がみられないためにどんどん強い薬を使うようになってしまうことも。

ステロイドを使っていなくても、皮膚上のアトピー症状の原因である黄色ブドウ球菌を増殖させないようにするため、入浴はとても大事なのです。

お風呂の温度設定に気を付ける

熱すぎるお湯はお肌には刺激になります。傷つき弱った肌ならなおさら。ぬるいお風呂をお湯で調整するのではなく、熱めにいれたお風呂を水で調節するようにしましょう。

長く入っていられるくらいの丁度よい温度に調節した湯船に、肩まで入って10分はつかりましょう。これはお湯で肌を柔らかくして汚れを落ちやすくするため。余分な石鹸やシャンプーに頼らなくてよくなります。

またじっくりつかることでリラックスし、ストレスが原因で起こるかゆみを抑える効果も。

体を洗う時には優しく手で洗うか、ボディタオルを使いたい場合は柔らかい綿のものを使いましょう。じっくりお湯につかれば、体の汚れはゴシゴシこすらなくても手で落とせるようになります。

また、湯船のお湯にはつかって落ちた汚れが含まれている状態なので、洗った体を流す時やお風呂を上がるときには、湯船のお湯ではなくシャワーで体を流しましょう。

お肌に優しいお湯になる“塩素除去”

お肌がピリピリする時は、お風呂の塩素除去をしてみましょう。塩素が原因で荒れている方には改善が見込める可能性も。難しそうに聞こえる塩素除去ですが、市販のビタミンCの粉末を入れるだけで簡単にできます。レモン汁を入れても同様の効果が得られます。

塩素除去ができるシャワーヘッドも販売されており、それを取り付けたシャワーからお湯を出して浴槽にお湯をためる方もいるようです。

また、アトピー肌の方でも使える、カサカサ肌を改善してくれる入浴剤も市販されています。肌をいたわりながらハーブや柑橘の香りでリラックスしたバスタイムを過ごせますので、気になった方はぜひ試してみてください。

 
ページの先頭へ▲