本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

化粧品で改善できる?

アトピーをスキンケア用品で完全に治療することが難しくても、改善することは可能です。

アトピー肌スキンケアのための正しい化粧品の使い方

アトピー肌の改善のためには、とにかく保湿をすること。

アトピーの症状の一つであるかゆみは、乾燥から来ています。そしてこの乾燥は、肌の内側に熱がこもっているから。熱がこもった状態でい続けると肌表面の乾燥を生み、ガサガサした肌がかゆみを引き起こすのです。

化粧品で保湿をする際は、必ず化粧水を使用します。最近は1本で化粧水や美容液に加え保湿クリームの役割を持つものも販売されていますが、こちらを使用する際もやはり化粧水だけは別として最初に使用しましょう。何故なら、上記の通り乾燥の原因は熱がこもっていることも関係しているからです。

化粧水でパッティングすることで潤い成分を浸透させながら、肌の熱を取り去ることができます。

クリームと一体化したものでは熱が取り去られる前に肌へ蓋をしてしまうため、潤いが十分に浸透しないばかりか肌内部の乾燥を促してしまう可能性も高いのです。

化粧水をしっかりと浸透させたら、その次にクリームや乳液で蓋をします。保湿性の高いものを使用したいものですが、この時に石油系のアイテムを避けるとさらに効果的です。あくまで低刺激のものを選び、きちんとした手順で使用するとアトピーの改善につながります。

体内環境は食事や生活習慣の見直しで改善できますが、肌表面は外側からもケアをしてあげなくては次々と潤いが逃げてきます。

阻止するには、化粧品などでしっかりと保護すること。化粧水で潤いを補給し、クリームや乳液で内側からも外側からも乾燥を防ぐバリアを作ることが大切です。

継続してケアすることが症状改善には必要不可欠ですので、そろそろ肌が潤ったなと実感しても、毎日ケアを続けるようにしましょう。

 
ページの先頭へ▲