本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

セラミド

セラミドとアトピーとの関係、セラミド化粧品の役割などを解説します。

セラミドは最も優れた保湿成分

お肌の潤いを守っているのは、肌表面の皮脂とその下の角質です。セラミドは角質と角質の間にある脂質のうち6割を占める成分で、角質間を埋め尽くすことで水分の蒸発を防いだり、外的刺激から肌を守るバリアとして働きます。セラミドと結合した水分は蒸発しづらく、うるおいのある肌をキープしてくれます。

逆に言えば、セラミドが不足すると水分はすぐ蒸発してお肌の潤いは失われてしまいます。潤い不足になると肌を保護するバリア機能も弱まってしまい、刺激が伝わりやすくなる関係でかさつきやかゆみ、アトピーが発祥してしまうのです。

アトピーを解消しみずみずしくハリのあるお肌になるためには、まずはセラミドの補充が第一。セラミドがお肌にたっぷり存在していないと、他の成分も存分に効果を発揮できません。肌のハリ・弾力を維持するコラーゲンとエラスチンが体内で生成される条件は、セラミドが充分にあることなんですよ。よって、セラミドは最も優れており、かつ重要な保湿成分なのです。

外側と内側からWで補給が効果的

アトピー肌を解消したいのであれば、とにもかくにもセラミドを第一に考えましょう!

化粧水や乳液で外側からだけでなく、セラミドを含有した食品・サプリメントなどを摂取して体内部からもセラミドで満たすことで、より早く肌に効果が現れてくれます。ちなみに、セラミドたっぷりの食品は「こんにゃく」です。

セラミドが肌にしっかりといきわたれば、コラーゲンやヒアルロン酸などの人気保湿成分や、植物エキス、その他消炎作用・肌荒れ防止成分などの効果も肌の奥までしっかり届きやすくなりますし、効果を安定させて保湿力を高めてくれます。

肌内部のセラミドが不足してしまうのは、何もアトピーや乾燥だけが原因ではありません。どんな人でも加齢と共に、セラミドの量は自然に減ってきてしまうんです。どんな化粧品も効果があまり見えない、乾燥や小じわ発生が止まらない…という方は、セラミド不足が原因かもしれません。

どんな肌状態にもセラミドは必要不可欠な成分ですので、今特に肌トラブルが出ていない方でも是非積極的に摂取して、肌を若く強く保つようにしてください。

 
ページの先頭へ▲