本当にいいのはどれ?アトピースキンケア調査室

アトピースキンケア化粧品の効果を検証してみました

アトピー肌に効果が期待できる3大成分

痒くてたまらなかったり、時にはじゅくじゅくしたり…ひどい肌荒れを引き起こすアトピーを改善するには、さぞ特殊な化粧品成分が必要な気がしますよね。ですがそれは、大きな勘違い。実は、アトピー改善には多くの方がご存知の身近な成分で充分なのです。

アトピー改善効果の高い化粧品成分とは?

その成分というのが「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」。この3大成分の効果は、ご存知「保湿」ですよね。そう、実はアトピーに欠かせないのは保湿なんです!

アトピーは、皮膚に発生するアレルギー反応なんですが、なぜ皮膚に反応がでてしまうかというと…皮膚には元々バリア機能があり、アトピーを発生させるような外的刺激や体内要因があってもバリアがしっかりしていれば皮膚はびくともしません。

アトピーの方は、バリア機能が非常に弱くなっているいため、ちょっとした刺激でも過敏に肌が反応してしまい、肌荒れに繋がるのです。また、バリアが弱いと皮膚に水分を溜め込んでおけず、どんどん蒸発してしまいますから乾燥も進んでしまいます。

なので、角質間にしっかり浸透するセラミドや、皮膚に留まり水分を溜め込むコラーゲンやヒアルロン酸は、アトピー症状の改善に効果抜群。これらの成分は互いに相乗効果があり、併せて使うとより高い効果を発揮するので、できれば2つ以上の成分が含まれる化粧品を使うのがオススメです。

ここでは、それぞれの成分の特徴や、アトピーに働きかける仕組みを解説しています。保湿成分の働きをマスターして、アトピーに効果的にアプローチしましょう。

 
ページの先頭へ▲